インプラント治療もある程度のリスクを伴う

歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。それは気にしないでください。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方に適用されます。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。